服作りのプロセス①(企画〜パターン編)

fashion nutteをご利用いただいているのは、 パリコレや東コレに出しているファッションブランドの方から 初めて服や雑貨制作を依頼する個人や小規模事業者の方まで、かなり幅広くいらっしゃいます。 実は、今のnutteは、ちょっとプロユースな仕様。 nutteを使って  どんな風に頼めばよいの?  どうやって服や雑貨が作れるの? と疑問に感じたことのある方のために、アイテム制作のプロセスと共に nutteの使い方についてお伝えできればと思います。 今日は第一弾、企画〜パターン編です!

アイテム制作の全体像

①企画・デザイン←ここ ②パターン・縫製仕様書の作成←ここ ————————— ③縫製(サンプル) ④展示会など ⑤量産検討 ⑥グレーディング(マーキング) ⑦縫製(量産)

※アイテムの種類や制作目的、制作者によって制作過程は異なります。 あくまでnutteでは…という前提でご覧ください!

①企画・デザイン

事業体にもよりますが、一般的には、デザイナーやMD(マーチャンダイザー)と呼ばれる人が企画〜デザインを行います。 nutteの場合だと、ユーザーご自身で企画・デザインを決められるケースがほとんどですね。 design

企画・デザインの時に考えること

  • アイテム自体のデザイン
  • 機能性
  • 生地や付属パーツ
  • 制作の目的
  • 生産、販売計画や予算
  • ターゲット
  • アイテムの利用シチュエーション

…などなど、この段階ではアイテム自体のことから、その周辺(ビジネス)に関することまで 幅広い観点で考える必要があるのが、一番始めにやることです。 (むしろ、nutteを使う場合、ここが一番おもしろいところです)

ユーザーの方が、パタンナーに依頼するための準備物

  • デザイン画(あるいは参考画像など)
  • 生地(見本など)
  • その他、仕様に関する要望など

②パターン・縫製仕様書の作成(パタンナー)

デザインや利用生地が決まったら、パターン(型紙)の作成です。 ここで活躍するのはパタンナー。 

Female fashion designer working with pattern cutting 実は、服作りに関して、中核の役割を担うのがこのパタンナー。 平面のデザインから、服という立体形にする作業がここで行われます。

パタンナーの仕事内容

デザインを解釈し、生地や縫い方、シルエットに着心地なども考えながら 専門知識を駆使して、パターン(型紙)を作っていきます。 少しのずれが、仕上がりに大きく影響するため 服作りに関する総合的かつ高い知識と技術が求められるのです。

トワルチェック

「トワルチェック」という作業が入る場合もあります。 これは作った型紙で、実際の服を簡単につくってみる作業です。 デザインの意図通りに型紙が作られているか サンプルを制作する前に実際に形にしてみて、確認していきます。 オーダーメイドでよくある「仮縫い」は、実際にアイテムを仕立てる布を使って サイズなどを調整していきますが、トワルチェックの場合には シーチングという薄い布で作られることが多いです。 半身(服の左右どちらかだけ)だけ作って判断するケースもありますし マネキンのボディに着せてみたり、実際にモデルが試着して 確認をするケースなど、確認の仕方もアイテムによって様々です。 細かいシルエットやライン、サイズ感など、 このトワルチェックを何度か重ねて修正していくこともあります。

アパレルCAD

アパレル用のCADという機械を使って、パターンを作る方も多いです。 マーキング(生地をどう使えば、最小限の布でおさまるか)の計算ができたり グレーディング(サイズ変更)なども、アパレルCADを使います。 (当たり前ですが、単純に拡大コピーすれば良いわけじゃないんですよね)

縫製仕様書

この時にパタンナーから縫製職人に引き継がれるのが「縫製仕様書」。 服の各パーツの寸法、縫製の仕様、生地、付属品などを書き記し、 できあがったパターン(最初のものをファーストパターンと呼びます) と共に、縫製職人にバトンタッチしていきます。 こちらについては、また別の機会に詳しくお伝えしますね。 次回は、サンプル制作についてお伝えします!

[ 服作りのプロセス①(企画〜パターン編) ]成約のコツ, , , , , , 2015/06/29 04:39